宿曜 印象と相性 命・業胎

宿曜 命の関係 印象と相性宿曜 印象と相性

・わかりやす過ぎて手のうちが見え過ぎる。
・命とは犬猿の仲。自分では似てるとは思わないけど似てると言われる。
・命の相手は大嫌いな相手が多かった。同属嫌悪的な嫌さだったな。
・どんなに離れようとしてもどうしても離れられない、許しちゃう。ほんとある意味厄介。
・会うとうんざりするぐらいめんどくさいと思うのに離れると頭から離れない命の相手。
・業胎が親子のような感じだとしたら命って本当に似た者同士で兄弟みたいな感じだったな。

・有るものは自分が持ってるし、無いものは相手も持ってない。向き合うだけじゃ淀むだけで成長できないから、興味も湧かない。

・すごく似てるというか、昔の自分を見てる感覚なので、何を考えてるかよくわかります。だからイライラする事も多々…まぁほっとけない間柄ですかね。

・自分が長い人生経験の過程で克服してきた弱点や、未熟だった頃の自分に共通する欠点や嫌な性質がその人の中に沢山あって、しかも他の人だと気づかないような嫌な部分にも気づいてしまうため、同属嫌悪はすさまじい。

・命の人は、一緒に居て一番心が安らぐ。相手が嫌だろうなと思うことが手に取るように感じるからある程度気遣えるし、多分向こうも同じように気遣ってくれてる。情熱的に愛してるっていうのではないけど、大好きでかけがえのない存在です。



宿曜 業胎の関係 印象と相性

・最初の最初だけ惹かれるけどなんか違うな〜と気づく。
・本当に自然な感じなんだよね。違和感も全く無いし。出会った時から家族みたい。

・余りに二人だけの空間になり過ぎて人を寄せ付けなくなってしまうので、ほどほどにするよう気をつけてる。

・感覚がかなり近いので、一緒に居て本当に楽です。相手に自分のことを解ってもらう為の努力がいらない。安壊などと比べて刺激は無いけれど、空気の様な、身体の一部の様な、そんな安心感があります。業胎は長く一緒にいるのに適していると思います。

・油断すると依存心が強くなりどんどん卑屈になっていく気がする。
・業胎の別れって互いの魂が成長するために別れるんだよね。

・もともと一つの個体だったパズルがピッタリ合う感じ。合わさった時の安心感は半端なく心地いい。

・業胎の関係の異性がいたが恋愛対象というよりは家族的な関係だった。つい気が緩んで本来の地を見せちゃうことが多かった。好きではあったが一緒いると幼い内容の口喧嘩多くてこっちがちょっと身を引いちゃった。
 
・業胎とは腐れ縁になりがちで、しかも相手が胎だと尽くすだけ尽くして苦しんで終わり。みたいな印象です。

・業胎は基本的に最後は離れる運命の相性。元々が親子で成長したら親離れする原理。

・命業胎ってのは、基本的に理屈で説明出来ない関係でしょう。 元来、良い悪いといった唯物的な尺度で測ることは意味のない関係じゃないかな。家族や親子の関係に近いと思う、例えソリが合わなくても、親子という運命や現実からは逃げることが出来ないように。

・共感みたいなぬるま湯の慣れ合いしかないから、最終的には行き止まり。
・懐かしく、不思議な一体感がある。自然すぎて逆に違和を感じる。

・業胎って栄親と安壊どちらの要素もあるような気がする。まるで安壊のようにすごく惹かれ合うと思えば、別れても憎しみ合う事のない栄親みたいな。そういう意味では、うまくいけば業胎がベストな相性なのかな。

・精神的に参ってたときに支えになってくれたのは業胎の人だった。相手はこっちの状況を全く知らないんだけど、一緒にいるだけで癒されてた。でも依存から脱するのが大変だった。



宿曜 印象と相性▲このページの先頭ヘ

命・業胎の関係 栄親の関係 友衰の関係 安壊の関係 危成の関係

宿曜 出生時間